Material Experience Design | Yasuaki Kakehi Laboratory, The University of Tokyo

Yasuaki Kakehi Laboratory

Ars Electronica Festival 2021でAlgaphonを展示します

今年はオンラインと現地のハイブリッドで開催されるArs Electronica Festival2021にて、新作のAlgaphonを展示します。
会期は2021年9月8日から12日で、オンライン展示は下記のウェブサイトで鑑賞・体験いただけます。
(声を吹き込むには LIVE STREAM -> RECORD YOUR AUDIO MESSAGEにお進みください。ChromeとFirefox推奨)
https://xlab-utokyo.github.io/algaphon/

 

Algaphon
Harpreet Sareen + Franziska Mack + Yasuaki Kakehi

 

Urban environments and manicured nature, with unseen native diversity, have resulted in forgotten evolutionary histories and a reduced understanding of ecosystem relations. In this context, especially the aquatic plant biosphere is the object of collective amnesia. Algaphon is a hybrid installation where algae bubbles that ring at Minnaert frequency near algal filaments are rendered audible through a hydrophone. Online visitors can leave a voice message that is translated into photosynthetically active radiation (PAR) variations in a remote aquarium. The algae bubble’s response to human speech is then recorded and emailed back to the visitor to engage in a reflective dialog with algal species. The installation refocuses attention on nonvascular physiological mechanisms and invites viewers to think about how environments exist in a heightened dynamic to adapt to human actions.

 

Algaphonは、水中の藻との「対話」を行うオンライン参加型ハイブリッドインスタレーション作品です。オンラインの参加者は作品に短い音声メッセージを入力します。そのメッセージは時間軸を引き伸ばされ、遠隔地の水槽に照射される光(光合成活性放射(PAR))の変化に変換されます。水槽には水中マイクが設置され、光に反応して藻類の周りに生成される気泡の音を収録します。本作品では、これを体験者の声に対する藻類の応答として捉え、録音された音を参加者にフィードバックすることで、藻類との対話を行います。都市環境や人工的な自然の中で、私たちの多くは生物の多様性や進化の歴史を意識することなく生活しています。特に身近に存在する水生植物の進化や役割に関する注目や理解は高くありません。このインスタレーションでは、水生植物の人間とは異なる時間軸や環世界を、インタラクションを通して鑑賞者と捉え直します。

AUDIO GAME CENTER + GINZA SONY PARK 出展のお知らせ

東京・銀座にある銀座ソニーパークで2021年6月26日(土)〜7月18日(日)まで開催される展示「AUDIO GAME CENTER +」に、筧研究室のメンバーが企画・展示で参加します。
音だけで遊べる画面のないゲームセンターとして、オーディオゲームが並びます。

 

筧研究室からは、新作Storytelling Horror Game『幽霊のいるところ』の技術開発に筧康明、Racing Game『大爆走!オーディオレーシング』のゲームデザイン・開発に高友康(修士課程)、ボイスに開元宏樹(博士課程)、監修に筧康明、そしてRhythm Action Game『スクリーミング・ストライクneo』の制作進行に和田夏実(博士課程)が参加しています。

 

開催期間 2021年6月26日(土) – 2021年7月18日(日)

開催時間 11:00~19:00

場所 GINZA SONY PARK B3F

入場無料 (人数制限あり・予約不要)
https://www.ginzasonypark.jp/program/032/

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Ginza Sony Park (@ginzasonypark)

Coworoの常設展示@ AkeruE (Panasonic Creative Museum)

2021年4月にオープンした東京・有明パナソニックセンター内AkeruE (Panasonic Creative Museum)にて、Coworo (松信卓也+筧康明)を常設展示しています。
是非お越しください。

 

AkeruE
https://www.panasonic.com/jp/corporate/center-tokyo/akerue.html
〒135-0063東京都江東区有明3丁目5番1号
りんかい線「国際展示場駅」徒歩2分
新交通ゆりかもめ「有明駅」徒歩3分
開館時間:火曜〜日曜日 10時00分〜18時00分(月曜休館)

 

Coworo (2018)

第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展出展のお知らせ

アート部門で優秀賞を受賞したNatura Machina (Yasuaki Kakehi + Mikhail Mansion + Kuan-Ju Wu)のSoundform No.1が第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展にて展示されます。国内初の展示となります。来場事前予約をして是非お越しください。


会期: 2020年9月19日(土)〜27日(日)
会場: 日本科学未来館(作品は7Fにて展示)
展覧会詳細:
https://www.online.j-mediaarts.jp/

Ars Electronica Festival 2020出展のお知らせ

2020年9月9日(水)〜13日(日)にかけてオーストリア・リンツ、およびオンラインで実施されるArs Electronica Festival 2020に出展・参加します。
日本からのオンライン作品出展が集うTOKYO GARDENにて、新作オンライン参加型インスタレーションのAir on Airの展示、筧康明によるxlab Studio Tour、さらにSoundform No.1の映像展示を行います。
特に新作のAir on Airはオンラインでどこからでも参加できますので、是非期間中体験ください。

 

TOKYO GARDEN
https://tokyogarden.jmaf-promote.jp/

 

Air on Air (2020年新作)
Yasuaki Kakehi, Daisuke Akatsuka, Juri Fujii, Yoshimori Yoshikawa, Joung Min Han
Graphic Design: Wataru Date
https://ars.electronica.art/keplersgardens/tokyo-air-on-air/

 

Soundform No.1 (2019)
Natura Machina (Yasuaki Kakehi, Mikhail Mansion, Kuan-Ju Wu)

Soundform No.1

 

xlab Studio Tour
Yasuaki Kakehi Laboratory, The University of Tokyo

Yasuaki Kakehi Laboratory, The University of Tokyo